会員登録で、もれなく500円分のポイントをプレゼント!
TOP  > How to ネイル  > アクリリックスカルプチュア  > リフティング(浮き)の対処法|アクリリック

リフティング(浮き・外れ)の対処法|アクリリック

せっかく作ったスカルプチュア、作って間もないのに、もう「リフティング(浮き)してしまう」。「外れてしまう」。
・・・さて、その原因は?
2週間は保つように、原因をしっかりと考えてトライしてみよう!



  • キレイにできたスカルプチュア!
  • すぐにこんな風になっていないかな?


原因その1:「ファイリング」をし過ぎていませんか?

自爪に軽くキズをつけるのは、そのキズに「アクリル」や「ジェル」が流れ込んで、ひっかけるためです。
自爪の表面を何度も削ってしまうとひっかかるための凸凹がなくなって平らになってしまうのです。
また、爪のはじっこ(際)の部分はとくに浮きやすいので、きちんと「ファイリング」できているか確かめましょう。



  • アクリルの付きをよくする為のキズ付け。
  • 削る場所によって自分のもちやすい位置を考えて!
  • 表面全体をまんべんなく、削りすぎてはダメです!
  • 際にキズがないと浮きやすい!ファイルの端を使ってもOK!


原因その2:アクリルモノマーが少なくないですか?

「浮きやすい」、「外れやすい」とお悩みの方は、思い切り「アクリルモノマー」の量を多めにして、作ってみてください。
ドロッと流れても、ブラシ(筆)を横にして「ミクスチュア」を寄せながら形を作れば大丈夫です。
「リキッド」が少なすぎて、自爪につけたキズに「ミクスチュア」が流れ込まず爪との接着が悪いこともよくあります。
何度も繰り返し「ミクスチュア」をつくり、適度な「アクリルモノマー」の量を見つけると「浮き」や「外れ」も解消します。



  • 「アクリルパウダー」と「アクリルモノマー」の混ざったものを「ミクスチュア」といいます!
  • 「アクリルモノマー」が多いとトロ〜ンとします。
    際やベースにはこれくらいがOK!
  • 「アクリルモノマー」が少ないとパサパサ・・・これはダメです。
    どこにも使えません。
  • プルっとしたこの感じが丁度いい「ミクスチュア」。表面はコレでつくりましょう!


原因その3:段差のあるまま「ミクスチュア」をのせていませんか?

伸びた自爪部分のお直しや「ティップオーバレイ」のとき、段差になったアクリル部分や、ティップの段差をファイルで削って、なるべく段差をなくしてから「ミクスチュア」をのせていますか?
ベースに段差があると、仕上がりの形が悪く、また浮きやすいものです。
きちんと段差をなくしてから作業しましょう。
※ティップを削りすぎないようにね



  • 段差を削って滑らかにしてから「ミクスチュア」をのせて形をつくりましょう
  • 段差がないと、密着もイイし、仕上がりもキレイなのです!
  • 段差を気にせず「ミクスチュア」をのせると、キレイな形に仕上がりません。
  • できあがりも不自然に段差があるし、また浮きやすいのです。


今回使ったネイルグッズたち

Copyright (C) 2000 Rootia Co. All Rights Reserved.