会員登録で、もれなく500円分のポイントをプレゼント!

HOW TOカテゴリー

ネイル商品カテゴリー

TOP >  How to ネイル >  ジェルネイル >  ジェル マーブルネイル種類とコツ解説

ジェル マーブルネイル種類とコツ解説

ジェル マーブルネイル種類とコツ解説

一年を通して人気の定番アート「ジェル マーブルネイル」
一口に「マーブル」と言っても、「タイダイ柄」や「チョコレート」、「モロッコ風」などなど・・・
「筆の動かし方」や、「使用色・使用量」、「ジェルの置き方」で、ぐっと印象が変わります。
今回は筆の動かし方から、色の組合せ等コツを細かく解説♪
(※画像はクリックで拡大します)


ジェルマーブルネイルってなに?

「ジェルのマーブルネイル」とは、ジェルを使ったドラッグアート(引っ張るアート)の一種で、
カラージェルを2色以上使い、筆先でカラージェル同士を混ぜて作るアートの事を言います。
色感を残して、混ざった部分の柄がアートになります。


色選び!

重要なのが色選び!
初めて挑戦する時にも悩むところですね。
ターコイズカラーは夏に人気の「モロッコ風」!ビタミンカラーで「エスニック」!
淡いベージュやピンクで「上品」に!など、使用色や使用比で仕上がりイメージが、ガラっと変わる重要ポイント。
3色以上使う場合、初心者さんは下記を参考に色を選んでみると簡単ですよ。

同色系の濃淡で数色選ぶと失敗しない!


例1:濃いピンク・薄いピンク・ホワイトのピンク系グラデ色

例2:ターコイズ・パステルミント・ホワイトのグリーン系グラデ色

カラフルにするなら同じトーンで選ぶとまとまりやすい!


例1:ピンク・イエロー・ベージュのパステル系

例2:オレンジ・レッド・ホワイトのビタミン系
2色なら好きな色でOK!
「黒」や「茶系」をワンポイントで少量加えると、人気の「大理石風マーブル」に仕上がります。
ページ末尾のアート例を参考にしてみてね。

ぼかし方(マーブル柄)とジェルの量!

クリックで拡大

今回はピンクの濃淡4色を使い、「ジェルの量」や「置き方」と「ブラシの動かし方」による柄の違いを比較してみましょう。

  • クリックで拡大 全体を細かく一方向にぼかすやり方。
    一般的な「マーブル」アート
  • クリックで拡大 カラーを残しフチだけをしっかりぼかすやり方。
    「タイダイ」や「大理石風」に
  • クリックで拡大 全体を大きくランダムにぼかすやり方。
    「プッチ柄」っぽい仕上がり

まずはベース作り!

クリックで拡大

カラージェルを塗り(使用色はベビーピンク)、仮硬化させ、二度塗りしたらスタート!(二度塗り目は仮硬化不要


2色目のジェルをおきます(使用色はマットピンク)。

今回は、1番濃い色を先におきます。
ハッキリした仕上がりにしたい時は、濃い色をおく箇所を「増やす」、又は「大きく」します。
淡いマーブルにしたい時は、濃い色をおく箇所を「減らす」、又は「小さく」します。
  • クリックで拡大 爪の縦ラインに、斜めの細長い形のカラージェルを数カ所おきます。
  • クリックで拡大 爪のフチに、楕円の形のカラージェルをバラバラにおきます。
  • クリックで拡大 爪全体に対して、丸い形のカラージェルをランダムにおきます。

3色目のジェルをおきます(使用色はカメリアピンク)。

次は2番目に濃い色をおきます。
今回は柄がわかりやすいように、1色目と同じくらいの量をおきました。
  • クリックで拡大 1色目の近くに「細長い形」で、カラージェルをおきます。
  • クリックで拡大 爪のフチに「楕円の形」で、カラージェルを「ランダム」におきます。
  • クリックで拡大 爪全体に「丸形」に、カラージェルをまんべんなくおきます。

4色目のジェルをおきます(使用色はマットホワイト)。

色選びに困ったらホワイトを足してみよう!
ホワイトはどんな色とも相性がよく、色同士を馴染ませたり、差し色にもなるので
使いやすくオススメです。
  • クリックで拡大 「縦のラインの隙間」に「細長い形」に、カラージェルをおきます。
  • クリックで拡大 「爪のフチの隙間」に「楕円型」に、カラージェルをおきます。
  • クリックで拡大 色を重ね、隙間を埋めるよう「丸形」に、カラージェルをおきます。

ベースに使ったジェルを使いマーブルに!(使用色はベビーピンク)

ベースに使ったカラージェルを、少量ライナーブラシにとり、ジェルを混ぜてマーブル柄にしていきます。
筆先を強くジェルにあててしまうと、ジェルがえぐれてしまうので、ジェルの表面だけを混ぜるイメージで穂先を優しく動かします。
混ぜ過ぎるとマーブル柄がなくなってしまうので注意してね!
マーブルを作り終わって、表面がボコボコしている場合は、硬化前にセルフレベリング(ジェルが自然に均一に流れること)を待って、硬化させましょう。
マーブル柄がうまくできたら、お手持ちのメーカーのジェルの手順に沿って仕上げます。

  • クリックで拡大 ブラシ穂先を使い、爪全体を右上から左下へ(カラージェルの斜度と同じ方向へ)一定方向に何度も動かします。
  • クリックで拡大 楕円のカラージェルの中央は残し(ぼかさない)、色のフチ部分だけを細かく小さく何度も筆を動かしぼかします。
  • クリックで拡大 爪全体を、斜め上から斜め下へ「Z」の形におおざっぱにブラシを動かしたら、逆方向にも同様に動かします。

ブラシの動かし方や、ブラシを動かす位置は動画でチェック!


「マーブル柄がハッキリ出すぎてしまった時」のワンポイント!

クリックで拡大

濃淡が出過ぎてしまったとき・色が強すぎるときは、上にシアーホワイトを重ねることで印象がぐっと変わるので試してみて下さいね!
パレットに「クリアジェル」と「ホワイトのカラージェル」を「7:3」くらいの割合でとり混ぜたら、爪全体に薄く塗ります。


  • クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 左がシアーホワイトを「塗る前」のチップ、右がシアーホワイトを「塗った後」のチップ

マーブル柄が完成したらアートをしよう!

マーブルアートをベースにワンポイント加えるだけでバランスUP!
  • クリックで拡大 マーブル柄はラメラインとの相性抜群♪ゴールドやシルバーのグリッタージェルを使い、フレンチラインを描いたり爪全体のフチを囲みます。
  • クリックで拡大 スタッズやストーンとの相性抜群♪ポイントで置いたり、たくさんのせても可愛い!さらにラメラインと組み合わせてもGOOD

使用色や柄の参考に!マーブル・タイダイ柄アート例

ここでの使用例は、カラージェルをランダムにおきカラージェルのフチだけを細かくぼかす方法で作っています。
大きめにカラージェルをのせる箇所と少量だけカラージェルをのせる箇所を分けて作ると◎
  • クリックで拡大 同系色濃淡の配色
    マットホワイト・ベビーピンク・カメリアピンク・マットピンク
  • クリックで拡大 類似色濃淡の配色
    マットホワイト・ベビーミント・マットブルー
  • クリックで拡大 類似色の配色
    マットホワイト・マットピンク・パステルベージュ
  • クリックで拡大 少量ブラックで大理石風
    オーカー・マットブラック
  • クリックで拡大 同じトーンの配色
    ターコイズ・マットブラック
  • クリックで拡大 色もトーンも違う配色
    マットホワイト・ミルキーブラウン
  • クリックで拡大 色味の違う同質感の配色
    マットホワイト・ネオングリーン・ネオンオレンジ・ネオンピンク
  • クリックで拡大 同色濃淡配色+クリア
    クリア・マットホワイト・ミルキーブルー・マットブルー
  • クリックで拡大 コントラスト強めの配色
    マットブラック・パステルベージュ

  • クリックで拡大 コントラスト強め類似配色
    ボルドー・パステルベージュ
  • クリックで拡大 ビタミンカラーの配色
    マットオレンジ・チェリーレッド・ヌード

マーブルアートHOWTO一覧



  • Naility!ステップレスジェル


    • スカルプチュア下処置アイテム
    • UVライト
    • ソークオフジェル スカルプチュア

    Naility!スキンカラー特集
    ネイリティー新色「クリーミーカラー」

    Copyright (C) 2000 Rootia Co. All Rights Reserved.