会員登録で、もれなく500円分のポイントをプレゼント!
TOP  > How to ネイル  > 長さ出し

長さ出し

爪に「ジェル」や「アクリル」で長さを出す事を「エクステンション」といいます。
「ハーフチップ」を使う方法・「ネイルフォーム」を使う方法、「ジェル」or「アクリルスカルプ」で長さを出すなど、長さ出しには様々な方法があります。
それぞれの特徴を解説!自分にあった長さ出し方法を探してね!

手軽にやるなら

「ネイルチップ」と「ソークオフジェル」で長さ出しする方法!
ジェルを少し厚めに塗り、仕上げは「ハードジェル」でコートすれば強度も補えて「リムーバー」または「アセトン」で落とせます。
装着もオフも手軽に素早く出来て、初心者さんにも簡単です。

長持ちさせるなら

「ネイルフォーム」と「アクリルスカルプ」で長さ出しをする方法!
上からジェルでアートを施せば、抜群の強度・長持ち、さらにリペアも出来て「リムーバー」または「アセトン」でオフ!といい事だらけです。

長さ出しの方法は2種

  「ハーフチップ」を使う 「ネイルフォーム」を使う
 ハーフチップで長さ出し ネイルフォームで長さ出し
やり方 「ハーフチップ」を「グルー」で接着して長さを出し、
「ジェル」または「アクリル」でコートします。
シール状の「ネイルフォーム」を装着したら、
「ジェル」または「アクリル」を使い土台から作っていきます。
難易度 簡単かつ素早く長さ出しができるので初心者にもおすすめです。 土台から全て作るので難易度は高め。
練習する事で「チップ」より早く仕上がるようにもなります。
強度 強度は弱めで接着部分から折れやすいです。
「ジェル」・「アクリル」を厚めに塗ると折れにくくなります。
「ソークオフジェル」で仕上げる場合は、上から「ハードジェル」でコートしましょう。
「アクリル」や「ハードジェル」を使う場合、強度は高めですが、
「ソークオフジェル」は長さ出しに向いていないため、かなり折れやすくなります。
ベースを「ソークオフジェル」で作り、上から厚めに「ハードジェル」でコートしましょう。
まとめ ジェルやアクリルで素早く簡単・キレイに長さを出したい時に。
長めに作る場合はジェルやアクリルで厚みを出し、
ハードジェルコートで仕上げるのがオススメです。
強度があり長持ち!より長さを出したい時にも。
予め形を自在に作れるので、形を削る作業が最小限で済みます。
ハードジェルまたはアクリルで作るのがお勧め。
難易度が高めなのでよく練習をしましょう。

長さ出しのベースに使う材料は3種

  ソークオフジェル ハードジェル アクリルスカルプ
強度 ネイルフォームでの長さ出し ×
ハーフチップでの長さ出し
長さ ネイルフォームでの長さ出し ×
チップで5mm以上の長さ出し ×
オフ 溶剤でオフ ×
リムーバーやアセトンで落ちます 溶剤で溶けないので削って落とします 溶剤で落ちますがジェルより時間がかかります
リペア ×
基本的には向いてません。オフして付け直しましょう。 リペア・フィルインできるので、
浮いた部分だけ削って直しましょう。
リペア・フィルインできるので、
浮いた部分だけ削って直しましょう。
ピンチ
ジェルによります
アクリルに比べしっかり入りません。
ジェルによります
アクリルに比べるとしっかり入りません。
自在にピンチを入れられます
完全硬化する前に手早く形を作りましょう。
まとめ 強度は弱いですがオフが手軽!
チップで長さを出し厚めにジェルを塗りましょう。
強度があり長さ出しやリペアも可能!
溶剤によるダメージもありません。
リペアして長くもたせましょう。
一番強度があり長さ出しやリペアも可能!
ソークオフジェルより時間はかかりますが
リムーバーやアセトンでオフできます。

ベースが「アクリルネイル」×「ジェル」アート

溶剤でオフできて、一番強度のある「アクリルスカルプチュア」で、長さ出しのベースを作り、その上からジェルアート等する場合
リペアが出来て長持ちするので、ベースは残したままデザインチェンジする事が可能です。
ベースを長く使い回せるので、自爪への負担も少なくなります。
また、上からジェルを使うのでアクリルを磨く手間も省けます。

ベースが「ハードジェル」×「ソークオフジェル」アート

強度があり、溶剤で溶けない「ハードジェル」で長さを出す事で、表面の「ソークオフジェル」部分のみをオフし、ベースをいかしてデザインチェンジが出来ます。
ベースの「ハードジェル」自体もリペアできるため、長持ちし、自爪への負担も少なくなります。
全て外す場合は、ベースのハードジェル部分を「ファイル」や「ネイルマシン」等を使い、削って落とします。

ベースが「ソークオフジェル」×「ジェルアート」×「ハードジェルコート」

溶剤で落とす事ができるので、自爪を削り過ぎてしまう心配がありません。
オフする時は表面のハードジェル部分を削り、「リムーバー」や「アセトン」で落とします。
強度が弱いのでジェルは厚めに塗り、最後の仕上げにハードジェルで、ジェルコートする事で強度を補えます。



爪の形

爪切りで切ると二枚爪の原因になるので、ファイル(爪を削るスティック状のやすり)を使って長さ・形を整えましょう。
ファイルは往復がげせず、一定方向に向かって使います。
ファイルの目の粗さに任せて優しく削りましょう。

スクエア
スクエア サイドも先端もストレートで角を残した形
コンテストのフレンチスカルプ等でよく見られる形です。
強度有り
スクエアオフ
スクエアオフ スクエアの角に丸みをつけた形
爪を長く見せます。
強度に優れ衝撃にも強いため、長さ出しに向いています。
ラウンド
ラウンド サイドはストレートでやや平めの先端角から丸い形
自然に近い形で、指・爪を長くみせるので小さい爪にもお勧めです。
オーバル
オーバル ラウンドより更に丸みをつけた形
サイドから丸く削ります。上品で女性らしい形です。
強度はやや弱め。
ポイント
ポイント 先を尖らせた形
同じ長さでも短く見えやすいので、長めの爪に似合います。
強度は弱く割れやすいです。

どの形を作る時にも、爪の縦中心から見て、左右対称になっているかを確認しながらファイリングしましょう。
強度は右へいくほど弱くなります。
また同じ爪の長さでも、削る量が増えるため右へいくほど爪が短く見えます。
強度・長さが欲しい場合は「ラウンド」がお勧めです。
チップ等でファイリングの練習をする時は、スクエア→スクエアオフ→ラウンド→オーバル→ポイントの順に削ると、一枚のチップで無駄なく練習できます。
新しいファイルを使う時はファイルのエッジ(角) がとがっていて皮膚を傷つけることがあるので、古いファイルでエッジ部分を軽くこすってから使いましょう。



爪の構造・用語

爪の構造

  1. ①フリーエッジ(爪先)
    ネイルプレートがネイルベッドから離れた部分
  2. ②イエローライン(遊離縁)
    フリーエッジとネイルベッドの境の線
  3. ③ネイルウォール(側爪郭)
    ネイルプレートの左右の両端で皮膚に覆われている部分
  4. ④ネイルプレート(爪甲)
    爪全体のこと
  5. ⑤キューティクル(甘皮)
    マトリックスを保護している皮膚の部分。
    「エポニキウム」とも呼ばれる
  6. ⑥ハーフムーン(爪半月)
    爪の根元に見える半月状の部分。
    「ヌルーラ」とも呼ばれる
  7. ⑦ネイルベッド(爪床)
    ネイルプレートと密着している皮膚の部分

今回使ったネイルグッズたち

Copyright (C) 2000 Rootia Co. All Rights Reserved.