会員登録で、もれなく500円分のポイントをプレゼント!
TOP  gt; How to ネイル  gt; ハードジェルの外し方(オフ)

ハードジェルの外し方(オフ)

クリックで拡大

「ハードジェル」は、ネイリストが「除光液」や「アセトン」を施術で使用する時に、ネイリストの爪も溶けてしまわないようにと開発されたスカルプチュア用品です。
基本的には「ジェル」でも「アクリル」でも取ったり付けたりを頻繁に繰り返してはダメ!
どんどん爪が薄くなってしまいます。
伸びたら伸びた部分を足していくお直しが基本。
最近はソークオフジェル(溶かすことが出来るジェル)が発売されていますが、 今回は従来のジェル・溶けないジェルの外し方をご紹介します。
ジェルはアクリリックに比べて柔らかいので削るのもとっても簡単。
アセトンを使わないのでお肌にも優しいのです♪♪

※各画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。
細かい所までチェックして参考にしてね♪



  • クリックで拡大 1.チップやフォームで長さを出している場合は「アクリルニッパー」を使い長さを短くしておきます。
  • クリックで拡大 2.100Gのファイルで長さを整えます。
  • クリックで拡大 3.表面のジェルも削っていきます。
  • クリックで拡大 4.フィニッシャーを使うともっと早くなります。
  • クリックで拡大 5.自爪まで削らないようにこんな感じでジェルを薄く残します。ジェルは透明感に優れているので自爪との差がわかりにくいので注意して下さい。
  • クリックで拡大 6.バッファーで磨きます。
  • クリックで拡大 7.キューティクルオイルを甘皮付近に垂らして乾燥を防いだら終了!
    ※ジェルネイルでもアクリリックネイルでもカラーやラメを使うときは、クリア又はナチュラルを使ってベースを作り、その上に色を乗せましょう。
    ベースを削り取らずに、デザインチェンジが出来ます。


今回使ったネイルグッズたち

Copyright (C) 2000 Rootia Co. All Rights Reserved.